reunion (再会) は、

小・中学校の同級生

木下真希、真白ふありが四半世紀ぶりに

再会して始まりました。

 

お知らせ

新型コロナウイルスの流行状況を踏まえ、大変残念ではありますが

下記公演は全て一旦中止とさせて頂くことになりました。

来年2021年の夏、今までとは違った形のコンサートで

皆様と再会することが出来るよう、計画中です。

2020.7.26 (sun)  音楽ホール「奏美」

 4:00~  ピーターとオオカミ  公演中止  

2020.7.28 (tue)  京都文化博物館 別館ホール

 4:00~  ピーターとオオカミ  公演中止        

 8:00~   Silent Masquerade    公演中止   

 
 

reunion (再会) は、小・中学校の同級生

ヴァイオリニストの木下真希と

元タカラジェンヌの真白ふありが

四半世紀ぶりに

再会して始まりました。

一つ一つの音楽が小さな真珠なら、お話はそれを一つにつなぐ糸

Reunionの「お話でつむぐ音楽の世界」は

それぞれに活動していた私たちが

音楽と言う一本の糸によって、こうして集まれたように

ネックレスのビーズのような、楽曲と言うモチーフを

一つのお話でつないで

作り出される世界です。

お話と音楽と言う、別々のものが一つになり

また、お話がそれぞれの音楽をつないで一つになり

より大きなものが誰かの心に響く世界を

お客様と演奏者とで、共感出来れば幸いです。

 

過去の公演

vol.1

2019.7.25.

​京都文化博物館 別館ホールにて

お話と音楽

「世界を旅したカナリアのお話」

Reunion Member

木下 真希  Maki Kinosita

Violin

京都出身。日本クラシック音楽コンクール奨励賞受賞。

第49、50回全日本学生音楽コンクール

西日本大会高校生の部入選。

京都芸術祭に参加。 

京都市立堀川高校音楽科弦楽科首席卒業後、渡英。

ギルドホール音楽院にて音楽学士・修士課程を修了。

長岡京室内アンサンブル、兵庫芸術文化センター管弦楽団にて

創設時のメンバーとして活躍。

英国ではロイヤル・フィル、英国立バレエなどのコンサートツアー

やレコーディングに参加。

チェロ奏者エフゲニー・オーソーキン氏との室内楽演奏にて、

大阪フェニックスホール・エボリューション・シリーズに選出され出演、NHK「名曲リサイタル」にてテレビ・ラジオ出演
し好評を博す。

2014年12月より丸太町にてまるたまちカルチャースペース

「京都バイオリン・チェロレッスン」を主宰。

http://kyoto-violin-cello.flips.jp

真白 ふあり  Fuari Mashiro

歌・お話し

京都市出身。宝塚音楽学校を経て1999年宝塚歌劇団星組配属

2006年に退団後NHKおかあさんといっしょ宅配便「ぐ~チョコランタン小劇場」のうたのおねえさんとして全国をまわる。

2010年に絵本「今日でかけようって決めました。」(文芸社)を出版。

2012年武蔵野音楽大学別科修了。

現在アメリカに在住。

Reunion   Peter amd the Wolf  Member

佐渡 春菜  Haruna Sado

Piano

京都市立音楽高等学校(現京都堀川音楽高等学校)卒業。京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業。

第6回大阪国際音楽コンクール入選。

京都芸術祭にて、亀岡平和未来賞、亀岡市長賞を受賞。

第2回アルカスピアノコンクール第2位。

ソロ、室内楽、オーケストラ、伴奏、録音などの分野で

幅広く活動している。

2015年LucktyJapanよりCD「道化芝居のための音楽

~クラリネット、トランペットとピアノのためのトリオ~」

をリリース。

京都造形芸術大学非常勤講師。

京都市立芸術大学音楽学部教育研究会

京都子どもの音楽教室常勤講師。

 

​初田 章子 Akiko Hatsuda

Flute

京都市立堀川高等学校音楽科ピアノ専攻、

桐朋学園大学フルート専攻卒業。

パリ・エコールノルマル音楽院コンサーティスト課程を満場一致の首席卒業、パリ市立音楽院室内楽科、マルセイユ音楽院ピッコロ科卒業。フランス国家演奏家資格取得。
パリ日本文化会館主催「日本の若き才能」、

小澤塾オペラプロジェクト、サイトウキネンフェスティバル in 松本、震災復興支援国際交流演奏会等に出演。ヨーロッパ国際音楽コンクール満場一致の一位。パリ・東京・京都にてリサイタル。青山音楽賞、京都芸術祭毎日新聞社賞受賞。京都音楽家クラブ会員。京都音楽院、ムラマツフルートレッスンセンター、同志社女子大学等講師。

​佐藤 響 Hibiki Sato

Cello

11歳よりチェロを始め、京都市立音楽高校を経て

京都市立芸術大学音楽学部を首席で卒業。

卒業にあたり音楽学部賞、並びに京都音楽協会賞受賞

。これまでに、雨田一孝、柳田耕治、野村朋亨、上村昇の各氏に師事。

2017年4月から2018年9月まで京都フィルハーモニー室内合奏団に在籍、2018年6月定期公演ではソリストを務めた。2019年1月より半年間パリにて研鑽を積む。

現在関西を中心にソロ、室内楽の活動のほかにオーケストラ客演首席奏者なども務める。

 

© 2020 by reunion created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now